補償の範囲

このエントリーをはてなブックマークに追加
保険に加入することによって、もしもの場合に、補償を受けられるようになるというところが特徴といえます。
しかしこのどこまで補償をしてくれるかということについては、自動車保険によってまちまちなところがあります。
そこで、自動車保険に加入しているのであれば、自分はどこまで補償を受けることができるのかということについて、理解をしておきましょう。
たとえば、年齢制限という項目があります。
年齢制限というのは、26歳とか30歳以上の人が、あなたの自動車を運転しているときに限り、補償が発生するという条件のことを言います。
たとえば、もしも子どもが運転免許を持つようになって、事故を起こしてしまったとしても、上で紹介した年齢未満の場合には、保険会社から保険金を受け取ることができなくなってしまいます。
このような条件を自分の自動車保険に入れていないかどうか、確認をしておくといいでしょう。
なかには、「家族特約をつけているので、子供が運転をしても大丈夫」と思っている人もいるかもしれません。
しかし実際に見られるケースなのですが、例えば、子供が友人に自動車を貸してしまって、それで事故に遭遇してしまうというケースがあります。
この場合には、家族以外の人が運転をして、事故を起こしてしまったということになってしまいます。
この場合もし、家族限定特約をつけていた場合には、保険金が下りなくなってしまうこともあります。
このような細かな条件について、きちんと理解をしておくことが重要です。

自動車保険の情報サイト

  • 如果想擁有汽車的話、一定要加入強制險

Copyright (C)2017え?!自動車保険が使えない?!.All rights reserved.