付随的な保険金の支払漏れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車保険に該当するような事故を起こしてしまったといます。
そして保険会社のほうから、主たる保険金の支払いを受けていたとします。
すると契約者の中には、ここまでですべて手続きは終了してしまっていると思っている人も多いかもしれません。
しかし実は、これだけでは、不十分というケースもあるかもしれませんので、注意をした方がいいでしょう。
付随的な保険金の支払漏れというものが、起きている可能性があります。
付随的な保険金の支払漏れというのは、主たる保険金の支払い押しても、付随的についてくる保険金について、保険会社ガス払わないということを指します。
実は、自動車保険の中には、臨時費用保険金といったような付随してくる保険金がいろいろとあります。
事故を起こした被害者がけがをした場合には見舞金を、亡くなってしまった場合には香典を、もし自動車同士の事故の場合には、代車の費用などが、ここからねん出されることになります。
付随的な保険金の支払漏れはなぜ起きるかというと、保険会社が適切な処理をしていないことが原因といわれています。
本来支払われるべきお金なのですが、契約者からの請求がなかったことをいいことにして、頬かむりをしてしまっているのです。
しかし、請求が類推される保険金については、請求がなかったとしても、支払い義務があるという風に金融庁は判断をしています。
ですから、今後は「請求がなかったから」という理由は通用しないということになります。

Copyright (C)2017え?!自動車保険が使えない?!.All rights reserved.