請求勧奨漏れについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
保険については、いろいろな保障内容が含まれていると思われます。
ですから、例えば、自動車保険に加入をしている人が、Aという保障内容で保険金の請求をしたとします。
ところが、Aという保険は、この人のケースでは、保険金支払いの該当をしないというケースがあります。
しかしBという保障内容では、保険金の請求をすれば、保険金が下りるというケースもあります。
自動車保険で不払いの問題が起きていますが、不払いが起きている理由の中の一つに、このBという方法を使えば、保険金が下りるということをきちんと契約者に対して報告をしていないという事由が多いのです。
このようなケースのことを請求勧奨漏れという風に言います。
そもそも契約者のほとんどは、自動車保険について、専門的な知識を持っていません。
ですから、度の保険に対して請求をすればいいかということについて、詳しいことは分からないでしょうし、判断をすることも難しいと思われます。
だからこそ、プロの保険会社のスタッフの人の力が必要になっているのです。
請求勧奨漏れというのは、保険会社のスタッフが、本来発揮すべき機能をきちんと発揮していないということになります。
自動車保険の不払いの問題があって、金融庁が調査を行っています。
その中で金融庁は、このような請求勧奨漏れのないようにすべきという意見を出したといわれています。
今後請求勧奨漏れについては、厳しく金融庁のほうでも監視をしていく可能性があります。

自動車保険の情報サイト

Copyright (C)2017え?!自動車保険が使えない?!.All rights reserved.