契約者の問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
通常自動車保険に加入する場合には、約款というものを受け取ります。
約款には、どのような条件であれば、自動車保険を受け取ることができるのかということについて、いろいろと掲載されていると思います。
ですから、中には、自動車保険で不払いになってしまうのは、約款をきちんと読まない契約者の方にも問題があるという意見もあります。
しかしこれは、自動車保険について素人の人にとっては、やや酷な発想といわざるを得ないでしょう。
実際に約款を読んでみるとわかるかと思われますが、約款に書かれている内容について、すらすらときちんと理解をしながら読解できる人はほとんどいないかと思われます。
専門用語など、難解な内容で書かれているので、なかなか知識のない人が読んでも理解できないような内容になってしまっているのです。
ですから、自動車保険を販売しているスタッフの人が、きちんとフォローをする必要があります。
自動車保険というのは、実際に事故を起こすなどして、保険金の支払いに該当をして、しかもこちらから請求をしないといけないということになっています。
しかし中には、請求をしなくても、該当することが起きれば、保険金を受け取ることができると思っている人もいるといわれています。
これは、契約者のほうも問題があるかもしれませんが、このような基本的なことについて、契約をするときにきちんと説明をしていない保険会社も、非難されるべきと思われます。
自動車保険の不払いは、契約者にも問題があるというのは、少し難しい主張でしょう。

Copyright (C)2017え?!自動車保険が使えない?!.All rights reserved.