不払いの起きる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
もし自動車保険に入っていて、事故などのアクシデントが起きた場合には、保険金を受け取ることができると思っている人も多いでしょう。
ところが実態を見てみると、保険金の不払いということが起きていることもまた、事実であるということも認識しないといけません。
ところでなぜ、自動車保険で、保険金の不払いが起きてしまうのでしょうか?
その背景として、会社内部の問題もあるといわれています。
通常であれば、「こうなれば支払い、こうであれば支払い拒否」という基準が保険会社の中にあるはずと思ってしまいます。
しかし保険会社の中でも、支払いについての統一された判断基準がなかったといわれています。
しかも保険会社の中には、具体的な事例についても紹介していないというところもあったといわれています。
保険会社の管理体制がずさんであるといわれても、仕方のないような事態になっていたといわざるを得ないわけです。
また最近になって、自動車保険の業界に、多くの新規参入があったということも背景としてあるのではないかといわれています。
このため、での競争がし烈を極めるようになったといわれています。
その結果、とにかく多くの新規顧客を開拓しようという動きが、業界内部に充満したといわれています。
このため、とにかく契約を取るということの方に重きが置かれるようになってしまいました。
その結果、現場では、定款などについてきちんと理解をしていない状態で、自動車保険を販売することになったことも関係しているといいます。

Copyright (C)2017え?!自動車保険が使えない?!.All rights reserved.