保険会社への連絡

このエントリーをはてなブックマークに追加
もし実際に自動車事故を起こしてしまった場合には、自動車保険に加入している場合には、保険会社に連絡をする必要があります。
このときに、迅速にということはもちろん重要ではありますが、もう一つ的確に連絡をするということも必要になってくるということは、理解しておきましょう。
現場はどこで、どのような状況で、どのような事故が発生してしまったのかということをできるだけ、正確に伝えることが重要です。
そうすることによって、保険会社の担当の人も、あなたに対して信頼感を持ってくれるようになります。
また事故の状況がよりイメージできるようになるので、どのように対処をすればいいかということを迅速に働かせることができるようになります。
さらに事故を起こした場合に、被害者がいるかもしれません。
被害者も、迅速に的確にキビキビとあなたが対応をしようとしていれば、心象がよくなります。
すると、示談の交渉もスムーズに進められる可能性にも期待を持つことができるようになります。
きちんと事故の状況について報告をしないと、自動車保険の保険金が下りなくなってしまうこともあるかもしれません。
たとえば、自動車事故といっても、その状態は、いろいろなものがあるでしょう。
ちょっと接触して、小さな傷ができたという程度の場合には、保険金が下りなくなってしまう可能性もあります。
自動車保険には、免責条項というものが付いている可能性があるからです。
きちんと説明をすれば、その時点で、保険金が下りるかどうかが分かります。

Copyright (C)2017え?!自動車保険が使えない?!.All rights reserved.